•   HOME 
  •   HMKL製品のご紹介 
  •   表層レンジを長く誘える   K-I MINNOW 50 F1 ケイワンミノー 50 エフワン
  •  

     K-I MINNOW 50 F1は、ZAGGER 50 F1よりも浅い表層レンジの攻略をコンセプトに開発された、ハイフロートモデルのK-Iミノーです。

     ハイフロート設定ならではの浮力を生かしたキビキビアクションは、タダ巻きはもちろん、トゥイッチやデジ巻きなどトリッキーなロッドアクション、そして様々なリーリングスピードに幅広く対応します。

     最大潜行深度は50cm。ショートリップを装備しているため、潜りすぎることなくシャローレンジを長く引いて誘うことができる点が強みです。水深50cm〜1mを得意とするZAGGER 50 F1と組み合わせて戦略を立てていただきますと、非常に効果的です。





    MODELK-I MINNOW 50 F1
    TARGETTROUT
    TYPEHIGH FLOATING
    LENGTH50mm
    WEIGHT1.2g
    HOOK[BELLY] VANFOOK ME-31BL #6
    [REAR] VANFOOK SP-21zero #8
    PRICE¥1,350+税




    2019年9月下旬頃発売予定

    • MT FLASHER [MTフラッシャー]
    • SAKURA KHAKI [サクラカーキ]
    • GHOST KANIMISO YAMAME [ゴーストカニミソヤマメ]
    • NIGHT RIDER [ナイトライダー]
    • SAKURA ALL BROWN [サクラオールブラウン]
    • HOLOGRAM WAKASAGI IV [ホログラムワカサギIV] ※再生産

    上記以外のカラー

    • ALL BROWN [オールブラウン]
    • ALL BROWN II [オールブラウンII]
    • ALL BROWN IV [オールブラウンIV]
    • NATURAL BROWN II [ナチュラルブラウンII]
    • NATURAL BROWN III [ナチュラルブラウンIII]
    • CLUSTER BROWN [クラスターブラウン]
    • IP CLUSTER BROWN [IPクラスターブラウン]
    • MS BROWN [MSブラウン]
    • PREMIUM BROWN [プレミアムブラウン]
    • BROWN PEARL SPLASH [ブラウンパールスプラッシュ]
    • GHOST KANIMISO OS [ゴーストカニミソOS]
    • GHOST KANIMISO III [ゴーストカニミソIII]
    • GLOW PELLET [グローペレット]
    • URATSUBU PELLET [ウラツブペレット]
    • TOPPING FOOD [トッピングフード]
    • TOPPING FOOD GLOW  [トッピングフードグロー]
    • GHOST FOOD [ゴーストフード]
    • GHOST FOOD +  [ゴーストフード+]
    • ALL GLOW  [オールグロー]
    • MATTE GREEN GLOW  [マットグリーングロー]
    • RED GLOW BEANS [レッドグロービーンズ]
    • BURST PINK [バーストピンク]
    • ABURI SALMON [アブリサーモン]
    • SUPER SUIKA CHART [スーパースイカチャート]
    ※ 写真はサンプル商品を撮影したものです。実際の商品の色とは多少異なる場合がございます。ご了承ください。



     通常のトゥイッチングやジャーキングはもちろん、ストレートリトリーブでも魚を強く引き付けます。また、ZAGGER F1のように止めて浮かせるハイフローティング釣法も可能で、あらゆる使い方のできる非常にポテンシャルの高い小型ミノーに仕上がっております。

    【推奨タックル】
     ロッド ・・・ 6ftクラスで張りのあるものを。
     ライン ・・・ PE0.3号にフロロ又はナイロンの2〜3lb。

    【アイチューニングについて】

    @まっすぐ泳がない場合の調整


     アイを変形させないように、クギなどを差し込んで、ペンチでルアーの進む方向と逆の向きにアイを曲げて調整してください。(曲げすぎないようにご注意ください。)

    Aアイの基本位置とアクションの調整

     左図の位置がアイの基本位置です。これより上向きになるとタイトなアクションを示すようになり、下向きになるとワイドなアクションを示すようになりますので、お好みの角度にご調整の上、ご使用ください。

    ※ アイチューンの方法については動画でも解説をしております。ぜひ併せてご参照ください。